Howling e​.​p.

by THREE CHORD

/
  • Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.

     ¥700 JPY  or more

     

1.
03:22
2.
03:07
3.
04:09
4.
03:31
5.
04:53

about

2枚目の全国流通盤。前回の『Loser』のような未熟さや荒々しさはなく、バンド名の由来である造語「三様の感情」を具現化したようなミニ・アルバムである。拙いながらも感情を繰り出すボーカルとギター、激しくも繊細なベース、すべての音をまとめ突き抜けるようなドラム。ラブソングというにはどこか退廃的で暗鬱な歌詞の表題作「Howling」は耳に残るメロディと演奏でライブでも人気の一曲。その他大勢を皮肉りながら、アップテンポで奏でられる「Recall」「Gray」「Collar」はダウナーな歌詩と激しくぶつかりあう演奏でTHREE CHORDの十八番ともいうべき楽曲に仕上がっている。また、5曲目には根強い人気を誇るファン必聴のあの曲が収録されている。

credits

released December 24, 2013

THREE CHORD are Hiroyuki Sekine
Cover disign by SHUGETSU

tags

license

all rights reserved

about

THREE CHORD Saitama, Japan

"THREE CHORD"とは、「三様の感情」を指し示す造語。
2013年、関根ヒロユキのソロプロジェクトとして、再始動。

激しさのなかに暗鬱を抱え奏でられる楽曲と、痛みや青臭い衝動を吐き出すような詩。切迫し他者を突き放すような、荒削りながらも唯一無二のライブパフォーマンスで注目を集める。
人間の抱える負の感情、鬱屈した側面を晒す、オルタナティブ・ロック・バンド。

2011年2月、初のフルアルバムにして、全国流通盤『Loser』
下北沢SHELTERにて行われたレコ発ツーマンを皮切りに、レコ発ツアー『負け犬達の行進』
5月18日、2枚目の全国流通版となる音源『Howling e.p.』
5月22日、下北沢SHELTERでのレコ発を皮切りに、レコ発ツアー『共倒レ』
8月29日のツアーファイナルをもって、ライブ活動休止。
... more

contact / help

Contact THREE CHORD

Streaming and
Download help

Track Name: Howling
暗い部屋は 息が詰まるから
連れ出して どこでも遠くへ 今

こんなもので いくら繋がってみても
あたしはずっと 不安なままだから

大切にしたいものは まるで砂のように
この手を擦り抜けていく 掬っても 掬っても

泣いて 泣いて 少しだけ君は笑った
笑って それだけで 僕の世界は色を変える


僕の遠吠えはきっと 届きはしない
僅かな言葉さえも 空に吸い込まれ消える

毒に侵された 僕の汚れた体液
流し去ってしまいたい 何度でも 何度でも

泣いて 泣いて 少しだけ君も笑った
笑って それだけで 僕の世界に音が届く

今 その声が 僕の この心に鳴り響いて
君が笑い 僕も笑う それだけが僕のすべて
Track Name: Collar
淋しがり屋 ひとり遊びに夢中
期待はしない 諦めることにも慣れてる
あたし消えても 世界は変わらない

優しくしないで 泣きそうになる
疑り深い癖に ほら また騙された
君は遊びなのに 反応しているパブロフの犬


愛はいらない 傷を舐め合うだけでいいでしょう?
仮初めでいい 鎖で首を絞めて

身体を預けて 深入りして 心まで攫われたら 傷は深い
君も去っていくのね それでも夢見る生の奴隷


良く出来たバランスで世界は回る
遊ばれて 足蹴にされて 裏切られても
信じてる あたしの身体の温もりを
Track Name: Recall
出る杭は打たれる 主張は潰される
飼い慣らされていれば 天国さ

長い物に巻かれる いつだって笑える
虚しさに侵される ラブミーベイベー

リコール さあ リコール さあ 期待外れの俺を
リコール さあ リコール さあ 設計ミスの世界
リコール 履行を今


ああ 生きてるのか死んでるのかさえ 分からないようなこの状況下で
何かに縋り付いて生きてるだけなんだ 神様 どうか僕等にご慈悲を・・・ アーメン!


どうせ


リコール さあ リコール さあ 欠陥だらけの俺を
リコール さあ リコール さあ 時代遅れの世界はリコール 履行を今


やってらんねえ うるせえ


やがて すべてが移り変わっても 帳消しにはできない
過去も現在も 未来さえイコール 後悔の道を往こう
Track Name: Last Dance
人が泪を忘れたら雨が降るのだろう
降り頻る青空に虹の花が咲いた


感情も言葉も伝え切るには
何かと拙過ぎて心は揺れ惑うばかり


懸命に君のことを
思い出そうと僕はメロディを紡ぐ
何度でもこうするさ それでも歌は続かない


濡れるのは嫌だよと呟く僕に
驟雨に腕を晒した君 跳ねる雨粒は美しかった


感情も言葉も伝え切るには
余りに拙過ぎて心は揺れ惑うばかり


まるで仔猫のようだねと
この手をするり抜け二度と戻らない気がした
何度でもこうするさ それでも歌は響かない


戸惑う君の手を引いて 夜の街を歩いた
最後の予感に苛まれる程に愛しくて堪らなくなる
逢いたくて 失って 気が触れたように泣いて
何度でも 何度だって それでも歌は届かない


急いたのは僕 試したのも僕
苦しかったのは君だったのにね
心拍数で取るリズム ずっと刻んでいたかった