Survive

by THREE CHORD

/
  • Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.

     ¥700 JPY  or more

     

1.
2.
04:13
3.
4.
04:50
5.
02:54

about

表題ツアーでの代表曲「イキノコリ」「wendy」他、全5曲収録。

credits

released December 24, 2013

tags

license

all rights reserved

feeds

feeds for this album, this artist

about

THREE CHORD Saitama, Japan

"THREE CHORD"とは、「三様の感情」を指し示す造語。
2013年、関根ヒロユキのソロプロジェクトとして、再始動。

激しさのなかに暗鬱を抱え奏でられる楽曲と、痛みや青臭い衝動を吐き出すような詩。切迫し他者を突き放すような、荒削りながらも唯一無二のライブパフォーマンスで注目を集める。
人間の抱える負の感情、鬱屈した側面を晒す、オルタナティブ・ロック・バンド。

2011年2月、初のフルアルバムにして、全国流通盤『Loser』
下北沢SHELTERにて行われたレコ発ツーマンを皮切りに、レコ発ツアー『負け犬達の行進』
5月18日、2枚目の全国流通版となる音源『Howling e.p.』
5月22日、下北沢SHELTERでのレコ発を皮切りに、レコ発ツアー『共倒レ』
8月29日のツアーファイナルをもって、ライブ活動休止。
... more

contact / help

Contact THREE CHORD

Streaming and
Download help

Track Name: イキノコリ
そうだよね
どうせ俺終わってる
全く手の施し様の無い
最善は尽くしたのですが
ご愁傷様です


所詮無い物ねだりなんだよ
「才能をくれ」とか
言うだけなら無料だからね
さあ 俺に倣え


焦燥の夜は 消えない雑音に取り殺されそう
止まない雨 決して望まれない現実が在る


見掛けだけ大人の子供が子育てしてら
立派な大人になれました? 口だけは達者だね
自分の欲望を満たすのに手一杯で
他人の傷を思いやる真似は出来ない
たった一度きりの人生だったのに
棒に振ってしまった


漠然と不安で 不甲斐ない惰性の死に損ない<br>
膝を抱え 決して望まない朝を待つ<br>


いっそ無しにして リセット
覚束ない感情に振り落とされそう
終わりの無い雨 でも尚 光を待ち立ち竦む


存在価値だとか
理由だとか 日常すらも才能か?
Track Name: wendy
高く空を飛べたら 忘れられる気がした
心をなくしたから いつだって笑えた

優等生の演技で なんてことの無い顔して
適当な愛想を振り撒いて 心では泣いてる
どうせその手を離すなら 差し伸べないで
見て見ない振りで みんな幸せじゃない

素直すぎて 真に受けて傷付いた
頑張らなくたって大丈夫 心の傷を分けて

高く空を飛びたい 忘れられる気がする
心を殺した朝 もう何も感じないよ


泣きたいんだろう 笑いたいんだろう
叫びたいんだろう 心から
宿り木になるよ 羽をもがれて飛び方を忘れても
その笑顔は太陽だから 冷たい夜を拭い去ってあげたい
泣きそうな夜は 僕を呼んで
Track Name: good-bye my silly girl
16歳の記念日に髪を紅く染めてみたいんだ
呟いた彼女は裏腹な笑顔で
犯して欲しい 不安なの 存在を感じさせて
子宮で愛を感じるから 心はいらない

人は何処まで残酷になれるか 俺の身体で試してよ
強がりで傲慢な態度で突っ撥ねて 寄り添ってくれ
愛が欲しい 愛したいよ 快感は要らないから
言葉と身体は序でだろ 心は俺にくれ

君は孤独を振り撒く尻軽 誰とでも寝るような女の子
まるで 哀しみで 痛みで 悦びになった


淋しい訳じゃない 忘れたいだけだろう ねえ?
例えば君の過去だとか 売春婦で両刀だとか
豚だろうがどうでも良い事 今から先をくれ

抱かれれば腰振りまくる尻軽 誰とでも寝るような女の子
君は 繊細で 愛おしくて 俺のすべてになった


手負いの獣は番い 優しく奪い合う
鋭利な爪 牙と言葉で

僅かな希望を奪って 薄汚い屑と罵って
温もりと裏切りと絶望しか与えられない俺から
そして さよなら愛しき瞬間 確かに俺のすべてだった
Track Name: 喪失の雨
雨音が跳ね返り 孤独を呼び戻す
此処には灯りも 笑い声ももう


残るのは幻と 皮を被った抜け殻


雨が好きと君が言ったから
濡れる爪先も不快じゃない
煙草を燻らせた残り香も
愛しくさえ思えたよ


抱き枕のような記憶と
赤茶ける写真と
擦り抜けた感触と
潰えた幸福


サディスティックな神様は 平気な顔で奪う
サディスティックなやり方で 大事な物を奪う
Track Name: tired
なあ、誰か真実をこっそり教えちゃくれないか?
どうせ あんたの言ってる事は嘘だろう
ああ、デマが真実の顔してのさばってる
上辺だけをなぞった情報 臭い物には蓋して養生

このまま あっさり終わっていくんだろうな
このまま こっそり終わっても気付かない

絡まって 空回って
だから待ってて そんな暇ねえ


結局、誰も真実を教えちゃくれないけど
自分信じて生きるには心許ない

このまま あっさり終わっていくんだろうな
このまま こっそり終わっても気付きゃしない

絡まって 空回って
だからまだだって そんな暇ねえ


何も知らずに生きりゃいいの
何もしないで生きてるの
何なのあんたのその態度
どうでもいいよ 眠りたいよ
リタイア リタイア リタイア リタイア
リタイア リタイア リタイア リタイア