PURPLE

by THREE CHORD

/
  • Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.

     ¥500 JPY  or more

     

1.
2.
03:04
3.
4.
03:48

about

2ヶ月連続リリース音源を一枚にまとめて、再発!

credits

released December 24, 2013

tags

license

all rights reserved

about

THREE CHORD Saitama, Japan

"THREE CHORD"とは、「三様の感情」を指し示す造語。
2013年、関根ヒロユキのソロプロジェクトとして、再始動。

激しさのなかに暗鬱を抱え奏でられる楽曲と、痛みや青臭い衝動を吐き出すような詩。切迫し他者を突き放すような、荒削りながらも唯一無二のライブパフォーマンスで注目を集める。
人間の抱える負の感情、鬱屈した側面を晒す、オルタナティブ・ロック・バンド。

2011年2月、初のフルアルバムにして、全国流通盤『Loser』
下北沢SHELTERにて行われたレコ発ツーマンを皮切りに、レコ発ツアー『負け犬達の行進』
5月18日、2枚目の全国流通版となる音源『Howling e.p.』
5月22日、下北沢SHELTERでのレコ発を皮切りに、レコ発ツアー『共倒レ』
8月29日のツアーファイナルをもって、ライブ活動休止。
... more

contact / help

Contact THREE CHORD

Streaming and
Download help

Track Name: 青い衝動(single ver.)
心が嘘をつくんだ
現実が見えないんだ
不安に苛まれる
時間に追い詰められる
未来は薔薇の色なんかじゃない

「負け犬」と指を差される
「現実を見ろ」と急かされる
耳を塞いでも無駄さ
認めたくないだけだろう 「Rockなんて 気休めさ」

それでも俺には希望なんだよ
この一音で思い知る
それでも俺を救ってくれたよ
この瞬間に嘘はないよ


俯いて口を噤んだ
遠い目をして跳ね除けた
「いつまでも変わらないものは 何ひとつないのよ
 明日も愛があるかは わからない」

それでも忘れられないんだよ
高鳴る鼓動 信じたい
それでも俺は救われたんだよ
幸せなんてなくていいよ


虚ろな目をしたままで進め 明日へ
まだ枯れてはいないだろう 心に花を


それでも忘れられないんだよ
高鳴る鼓動 信じたい
それでも俺は救われたんだよ
永遠なんていらないよ


虚ろな目をしたままで進め 明日へ
枯れない花はなくとも 砂漠を往け
Track Name: ナイフ
青い空の下 屋上に寝転び 鮮やかな死に方を妄想する
ナイフを押し当て 静かに線を引く 何も変わらないことくらい知ってるさ

あなたが残した 記憶の欠片を 無理矢理飲み込んで 吐いて捨てる
誰か教えてよ アタシの価値を 消えるべき命なんてないと言って

味気ないガムを噛み続ける 上下運動
誰かに乗られて 注がれて空白を埋める


アタシのことは どうか忘れて 平坦な日常に戻ればいい
見上げた空は 目映くて 穢れた身体を強く射抜いた

消せない虚しさを振り撒いて 連鎖反応
容易く繋がれる世界を 切り落とせ


生かされた罪を清算する 奉仕活動
誰かに抱かれて 存在を何度も確かめた


何を、どうすれば 何が、変わるの?
Track Name: 落陽(single ver.)
風が止んで 愛しい日々は幻に変わる
心なんて空洞だ 割れたって何てことないさ

在り来たりの言葉で 君を傷付けてきた
固く握られた手を 俺が解いてしまった
絶えず俯いて 消費されるだけの日々さ
終わらせてしまうよ 生きてる意味なんてない

絶対零度の空気を吸い込んで
心を凍らせてしまえば胸も痛まなくなる

恋なんて知らないで居られれば良かった
こんなにも心を弱くさせるなんて


だって大人になれば
泣くことなんてないんだと


恋なんて知らないで居られれば良かったの
こんなにも心を弱くさせるなんて
曖昧な想いのままそれでも願い続けるなら
やがて陽は昇るのか すべては・・・ああ
Track Name: ミレンカ
オレンジに染まる
サヨナラを誘う空

遠ざかって行く 君の影
闇が飲み込んで行く

何も言わずに 立ち去る君の
後ろ姿を 伸びる影だけが
いつまでも 追い掛けて


姿を現した 月が僕を

嘲笑う 何も出来ぬと
想いを重ね 身体を重ねた日々は
消えそうな後ろ姿 人波に消えて行った